<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Je dépose(寄り道)

仕事帰りにたまに寄るお店。

パリのカフェやバ-は深夜になるとお値段がアップするんです。ビ-ル一杯12ユ-ロくらい。

でもこのお店は良心的な値段だし、何より帰り道にあるお店。

これからの時期はやっぱりテラス。
c0178068_12194187.jpg
そのテラスからの一枚。

この席でいつも飲んでいるんですが、気取りがないお店で素敵でしょ!
[PR]
by ecooking | 2010-06-28 12:20 | フランスの日常

vin(ワイン)

日本代表対デンマ-ク代表のダイジェストを見ました。

本当に良い試合でした。
しっかりと守り、少ないチャンスを生かし、得点につなげるサッカ-。
今回の大会で特に素晴らしいと思うのは松井選手と長友選手。
攻守にわたり実に献身的。あの走りがあるからこそのこの試合結果だと僕は思います。
感動しました!

いや~凄い!次のパラグアイ代表との試合に期待が持てます。


ガンバレ日本代表!


本題。
毎週お店では、お客様から頂いたチップをスタッフに配ります。

何時だったか。
シェフから『このチップ貯めてワイン会をしない?』っと提案があり、皆即答で『良いですね!是非。』

ハイ!決定しました。

そして今回のワイン会は『皆が飲みたいワインを飲む』というのがテ-マ

こんな時にこそっ!と思うものが揃いました。

ドキドキしながら迎えた当日。勿論ゆっくりと飲みたいので休日を利用。
c0178068_2072128.jpg
c0178068_2074055.jpg
c0178068_2075520.jpg
こんな感じでテ-ブルをセッティングし、グラスも大量に用意。

第一回リュクスワイン会の開催です!
c0178068_2081748.jpg
アペはジャック・セロスのミレジメ1999。
c0178068_2083270.jpg
まずは白ワインから。
シャト-・マルゴ-のパヴィヨン・ブラン2004。
c0178068_2085423.jpg
ド-ブネのムルソ-2004。
c0178068_209932.jpg
コント・ラフォンのモンラッシェ1992。

当主いわく『モンラッシェ最高のヴィンテージは1992年』っと言わしめた、世紀のワイン。

最初はバランスが良すぎて平坦に感じる。
静かに開いて行き、最後は言葉も出ないほどの味わいと香り。

あの余韻は本当に忘れることが出来ない。
でも一つ一つの味や香りを言葉にすることは難しく、それをすると安っぽくなる気にもなります。

なのでこんな抽象的な書き方になってしまいました。


“ワイン”というものが少しだけ解ったかな。

ここから赤ワインへ。
c0178068_2094144.jpg
シャト-・マルゴ-1998。
c0178068_209545.jpg
ドメ-ヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのエシェゾ-1981。

そして以前にこのブログで書いたオ-クションで落としたものがこれ↓。
c0178068_20101187.jpg
c0178068_2010258.jpg
シャト-・ラトゥ-ルの1918。

100年近く前のワイン。

明けた時はまだまだ元気な印象。
でも最後は水へとかわっていく感じがしました。

本当に貴重な体験。死ぬまでにもう出会うことが無いかもしれないこのワイン。

人ともそうですが、人生は一期一会。
こんな出会いに感謝です。
c0178068_20104588.jpg
最後はシャンパ-ニュ。サロン1997。

僕の中では最高の飲み物の一つ。
ある人が『これがシャンパ-ニュだよ!』ッと言って言っていましたが、わかる気がします。

最後は場所をシェフの家へ移して〆。
c0178068_2011223.jpg
モエ・シャンドンの1976。

琥珀色したシャンパ-ニュ。

熟成したシャンパ-ニュ飲むの時は、僕の中では心躍る瞬間。
また『こんなシャンパ-ニュいつか飲みたいな。』っと思わせてくれる一本でした。




本当に楽しい勉強会?でした!

次回はバカンス前の7月後半に開催。
今回よりもパワ-アップした内容になる予定。

あんなワインやこんなワインが出るんだもんな~
今からときめきが止まりません!

※因みに、何ヶ月間もチップを貯めて開催したワイン会です。あしからず(笑)
[PR]
by ecooking | 2010-06-27 21:04 | フランスの日常

感動!

日本代表最高!

この一言に尽きる…
[PR]
by ecooking | 2010-06-25 09:16 | フランスの日常

Fleurs(花)

c0178068_2344654.jpg
マルシェで見かけた向日葵。

僕が一番好きな花です。
[PR]
by ecooking | 2010-06-21 23:44 | フランスの日常

Tennis(テニス)

テニスの4大大会の一つ、全仏オープン真っ只中。

パリの端っこで大会は開催されています。

基本的にスポーツは見るのもするのも好きなんですが、二つ上の兄の影響でテニスは見るようになりました。中学生の頃からかな~



この前の休みに家の近くを散歩していたら、遠くに見たことも無いものがあるんです。何かな~っと行ってみるとビックリ!
c0178068_822316.jpg
オテル・ド・ヴィルにオーロラビジョンが設置されていて、そこには全仏オープンの試合が映し出されていました。

フランス人も皆地面に座り、試合に見入っていました。
この写真では分からないですが、すごい人なんです。良いプレーをするとどちらの選手にも、大きな拍手を送る姿には感心しました。

ちなみにこの試合はナダル選手が勝ちました。

そして近くには…
c0178068_8222394.jpg
c0178068_8224418.jpg
こんな感じで、仮設のテニス場や小さい子供が遊べる場所なども併設。
小さいころからテニスに触れられる環境が、こんな身近にあるのは良いことですよね!

驚きはテニスの競技場さながらのベンチまでありましたからね!
こういうところは真剣なんですよね~フランス人は。

ニュースで見たんですが、伊達公子選手は負けてしまったとか…
でも一度は引退して長いブランクがありながら、一回戦突破は流石の一言。

そしてwカップまでもう少し。
日本代表の活躍を期待してます。

がんばれニッポン!!
[PR]
by ecooking | 2010-06-03 08:37 | フランスの日常

La Cantine du Troquet

最近twitter内で、昔お世話になった人と再会。
そのパンの美味しさに感動した事を今でも覚えています。


本題。
少し前のお話。

日本から来られた方とお食事。
始めて食事をする方だし、ドキドキしながら待ち合わせ場所まで向かいました。
c0178068_492133.jpg
こんな道をテクテク歩きながら…
c0178068_410935.jpg
場所は101 rue de l’Ouest 75014 Paris

15区のユネスコ支部がある建物の裏手くらいかな。
ちなみにこのお店には電話が無いので、予約は取らないそうです。


中に入ると、大きな黒板に今日のムニュが書かれています。
色々あって悩むんですが、アラカルトの時はやっぱり季節のものを食べたい!と思ってしまいます。

選んだのはこれです。
c0178068_4104398.jpg
この時出始めのアスペルジュ・ブランシュ。

トマトにたっぷりのオイル。
シンプルなんですが、美味しい。

儚いほんのりとしたアスペルジュの苦味に春を感じます。
c0178068_411193.jpg
ポワソンはサン・ピエールにソース・ヴァンブラン。

サン・ピエールは中々の大きさ。身も厚く、ムッチリと焼きあげられていて、これまた美味しい!

フランスの魚は日本のものと身質が違います。
焼いたりするのはフランスの魚の方がいいんじゃないかな?

でもヴァンブランを食べたのはいつ以来かな~
今は流行らないかもしれませんが、こういう料理は色褪せない。今も昔もかわらず美味しい。

クラシックとか古典とか言われるカテゴリーかもしれませんが、最近の料理を見ると、こっちの方が新しく感じます。
c0178068_4114528.jpg
サン・ピエールの付け合わせはポムフリット。

甘みもあり、美味しいジャガイモ。
c0178068_414690.jpg
一緒に行った方が『リ・オ・レ美味しいですよ』っと教えてくれたので。

これめちゃめちゃ美味しいです!
クリームが濃厚で、ほんのりお米を感じれる。

これまた食べたい…
c0178068_13103523.jpg
店内はあっという間に満席。

隣の座った老夫婦と『ボン・ソワール』っと挨拶を交わしたり、お客皆の話声が心地良いBGMになったり。これぞフランスって感じ!
c0178068_13113473.jpg
ボワッソン。


お腹も心も満たされて、お店を後に。

近くのカフェで締めのエスプレッソ。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
初めてお話ししたのに、そんな気がしないのが不思議でした。

そして大ファンになりました。

またよろしくお願いしま~す!

ベリブで帰宅途中に寄った場所。
c0178068_13121831.jpg
エッフェル塔の光が素敵な夜のラ・セーヌ。

この夜景を見ながら煙草を一服。

この日の夜は良い時間でした。
[PR]
by ecooking | 2010-06-01 14:05 | フランス ビストロ