<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Mont Saint-Michel(モン・サン・ミッシェル)vol.2

最近地震のニュースを良く目にします。
災害を防ぐことはできないと思いますが、少しでも被害が少ないことを願います。



昨日の続きを。
と言っても、今回のブログはいつもと違った形で。
c0178068_16524131.jpg
ここの階段を上がって、中へ入っていきます。

天気も良く暑いくらい。
ノルマンディーやブルターニュは寒いって聞いていたのに…

まぁ~青空の下での旅行は嬉しいですけどね!
c0178068_16531116.jpg
城壁の中の道。

潮風のせいか、壁は海苔のようなものがくっついています。
日の当らない場所はひんやりとして気持ち良い。

歴史の風合いが感じられる壁や道に感動。
c0178068_16533354.jpg
塔の上のミカエル像。
この場所は広場になっていて、360度パノラマ。

素晴らしい景観。
c0178068_16574715.jpg
礼拝堂にある道。

礼拝堂は好みではないので載せませんけど。
c0178068_16585210.jpg
c0178068_16594149.jpg
瞑想の為の回廊。

柱が修道僧の歩幅に合わせて建てられているらしい。
c0178068_172228.jpg
ここの場所みたいに、ところどころ天井が木で出来ている。

重さを考えての造り。

増改築を繰り返して出来た今の姿。
そんな努力の上にこの建物、景観が成り立っていると思いました。
c0178068_1722795.jpg
修道僧が通る石造りの質素な廊下。

そんな場所さえ絵になります。
c0178068_19431755.jpg
ベンチのある休憩所に咲いていた小花。


明日はカラーでお送りします!(笑)
[PR]
by ecooking | 2010-02-28 17:28 | ブルターニュの旅2010

Mont Saint-Michel(モン・サン・ミッシェル)vol.1

ブログの背景を春の装いにしてみました。
『桜』っていいな。


さぁ昨日の続き!
ここから皆さんをモン・サン・ミッシェルへお連れします!

っとか言いながら、ここから長くなるかもしれません…
是非お付き合いくださいね。
c0178068_1555186.jpg
入ってすぐに観光案内所があります。

ここで地図をもらって、散策開始!
c0178068_155794.jpg
大砲。

この場所には戦争や牢獄などの歴史も付きまとう。
攻撃や見張りをする為に、壁には小さな穴が開いていています。

喜んで撮った写真ではありませんが、こういった陰の部分も知ることは大事だと思ったので。


さぁ気を取り直して!
c0178068_15582722.jpg
重厚な門。

今も残る昔の風合。
c0178068_1559333.jpg
『La Poste』郵便局です。

素敵な建物だったので一枚。

こんな場所にあると違うものに見えてきますよね。
土産物屋さんで葉書なんか買って、送っている人もいました。
c0178068_1612063.jpg
これが看板。

これもまた素敵。

フランスにはこんな素敵な看板があちらこちらにあるんですよ。
c0178068_1624229.jpg
この辺りは修道院の下にあるレストラン街と言ったところかな?

良い匂いもしてくるし、土産物屋さんを覗いたり楽しい通りです。
c0178068_163024.jpg
これはフランスの観光スポットにあるコインの自動販売機なんです。

その場所の建物や景色が彫ってあるもので、息子が集めています。
男の子だし、物を集めるのが好きみたいなので。

これ結構お勧めです。
c0178068_1632624.jpg
階段。
c0178068_165168.jpg
この通りは凄くにぎやか。

日本人ツアー客なんかが多くて、懐かしい関西弁なんかも聞こえてきました。
c0178068_1652779.jpg
ここにも素敵な看板。
c0178068_1654639.jpg
ここにも。
c0178068_16112614.jpg
さてそろそろ修道院の入り口に近づいてきました。

こんな急な階段があちらこちらに。
息子はすたすたと登っていきます。後れを取らないように、頑張って登った先のご褒美…
c0178068_16132418.jpg
久しぶりに見た地平線。

贅沢な景色を見ながらの一休みは格別。

海の方から吹いてくる潮風が心地よく、汗がひいていく感じ。

そんな場所からの修道院。
c0178068_16134673.jpg
迫力。

多くの人が魅了されるのがわかります。
自分もその中の一人。

そんな憧れた場所に立っていることを信じられなかった瞬間でした。

続く。
[PR]
by ecooking | 2010-02-27 16:53 | ブルターニュの旅2010

TGV(フランスの新幹線)

早朝にバスでモンパルナス駅まで行き、TGVに乗り込み出発。

今回はコンパートメントの席を予約したので、家族3人ゆったりと旅行です。
早割も効いているので、すごく安いんですよね~

c0178068_2142424.jpg
子供も楽しみにしていたTGV。
楽しい旅行の始まりです。

MontparnasseからDol-de-Bretagneまで2時間半くらい。
この駅からバスに乗り換えてモン・サン・ミッシェルまで約一時間。

TGVに乗っている間は長閑な景色が続きます。こういう景色が本当のフランスな感じ。

皆で持ってきたバゲットサンドやおにぎりを食べて、期待とお腹を膨らましていました。

田舎の駅に着き、深呼吸をすると気持ち良い~
清々しい朝のブルターニュは最高です。


待っていたバスに乗り込み、モン・サン・ミッシェルへ。

バスは大好きな乗り物。
その街並みを見ながらのドライブは旅の楽しみの一つ。

parisとは違った建物に目を奪われてばかり。
まだ昔の風景が残る街並みに、シャッターを沢山切ってしまいました。
c0178068_21274242.jpg
広い農場には馬や牛などがゆったりと暮らしています。

美味しいミルクが出来る訳です。
こんな場所でできるチーズなんか美味しいんだろな~ってことばかり想像していました。
c0178068_21275914.jpg
小さな道沿いにあるホテルも一枚。

そんな街並みを抜けて、見えてきた道路しかない土地。
ここの辺りは信号すらありません!



そんな時、信号のない道でいきなりバスが停車。
何が起きたのかな?っと思い、窓の外を見ると…
c0178068_21282033.jpg
羊の横断です。

これにはビックリ!
『羊に注意』という看板なんかもありましたからね~
一応これがプレ・サレというこの地方の有名な羊。

そして…
c0178068_21283788.jpg
見えてきました!
『モンサンミッシェルの修道院』

見えた時は感動しました!
ドキドキです!
c0178068_2129561.jpg
駐車場に着いて、バスを降りてまた深呼吸。

胸いっぱいに潮の香りが広がります。
最高の瞬間!

さぁ!
中に入ろっと!

*ちなみにモン・サン・ミッシェルはノルマンディー地方なんですけど…
[PR]
by ecooking | 2010-02-26 22:16 | ブルターニュの旅2010

voyage(旅行)

こんなに朝早く起きたのはいつ振りだろう…

parisからブルターニュへTGVでのショートトリップ。
今からバゲットサンドなどのお弁当を作って、モンパルナスへ。

そしてあの世界遺産『モンサンミッシェル修道院』へとつづく。
どんな美味しいものや景色が待っているのか楽しみ。
c0178068_12462748.jpg
こんな感じですかね!

では行ってきま~す。
[PR]
by ecooking | 2010-02-23 12:55 | ブルターニュの旅2010

la Fete!(パーティー)

フランスに来てから良くこの言葉を耳にします。
『la fete』フェットと言いますが、ホームパーティーのことです。


昨日は自分の家でフェットをしました。
同じ建物に住んでいる方達が『フェットしよう!』と前々から頼まれていたし、昨日からバカンス中だしね。

今回のメニューは餃子や揚げだし豆腐、ポテトサラダ、ポムフリット、シャルキュトリー、フロマージュetc…
統一性も無く(笑)色々並びました。

お酒もビール、ワイン、日本酒と様々。

仕事の話や、美味しいお店の話、フランスでの出来事など、楽しい時間は夜更けまで続きました。
c0178068_19172664.jpg
僕はローヌを用意。

明日からブルターニュへ。
楽しい日が続きます。
[PR]
by ecooking | 2010-02-22 19:38 | フランスの日常

Canal Saint‐Martin(サンマルタン運河)

『アメリ』という映画の話を聞いて、行きたくなった場所。

まだ『アメリ』は観ていないけど、なぜか惹かれるのには理由があるのかな?
そんな気持ちで、まだ寒い休日の朝に出かけました。

この場所も家のあるマレから歩いて行ける場所。

車通りの多いレピュブリック広場を横切り、小さな川沿いを歩いて行くと見えてくる。
c0178068_18412874.jpg
そんな小さな河には鴨たちが泳いでいて、河に近づくと寄ってきます。

餌なんかあげませんから!


河の近くの道だからか風が冷たい。
コートのフードまで被っていましたが、それでも寒い!
息子のほっぺが真っ赤になっていました。

そしてその場所。
c0178068_1842917.jpg
アメリがこの場所から石投げをする。

橋の上からの眺め。そしてスーッと吹き抜けてくる風…
ここの場所の方が風が強いですが、なぜか心地良い。

セルジュ・ゲンスブールの曲なんか聞きながら一服したい!
とか思っちゃたりして。
c0178068_18423680.jpg
この橋に登って写真を撮りました。

そして河の道沿いにはアントワンヌ・エ・リリのパステルカラーな店が並んでたり、個性的なアクセサリーショップがあったりと、それを眺めながら歩くのも楽しみの一つ。

サンマルタン運河の散歩の続きは、この近くにある公園に。
c0178068_18431357.jpg
その公園に咲いていたロマランの花。

香りも清々しいし、小さな紫の花が可愛い。
こんなところに小さな春。


最近のparisはめっきり暖かい。
春も近いかな…
[PR]
by ecooking | 2010-02-21 19:25 | フランスの街並

cave auge(カーヴ・オジェ)

Parisの8区に買い物へ。

そんな中、偶然見つけたお店。
c0178068_9133120.jpg
『カーヴ・オジェ』さんです。

話は聞いていたのですが、なかなか行けなかったお店。

本当はお店に行くとワインを買いたくなるからなんですが…



でもこのお店は知人が働いていているし、せっかくお店の前を通りかかったので挨拶に。

今回はあまり時間も無かったので、ワインの話などを軽くしてお店を後にしました。
結構欲しいのもあったんですが、今回は我慢。


次はゆっくり時間がある時に買いに行こうと思います。

ガンちゃんありがとうございました。また遊びに行きますね!
c0178068_9135194.jpg
最後に店内の写真。

こんな感じでワインがびっしり!
地下にはスタッフだけが入れる秘密のカーヴがあるらしい。

是非いつか見てみたいな…
[PR]
by ecooking | 2010-02-20 09:30 | フランス 買い物

japon(日本)

ネットでバンクーバーオリンピックやサッカー日本代表の情報はいつも見ています。

この大舞台での数分の為に何年間も練習してきて、でも結果がついてこないと言うだけでメディアに叩かれる。
そのメディアというものは自分は何もできないくせに、必ず上から物を言う。

勿論プロなんだし、ましてや日本を背負ってきているのだからある程度はしょうがないと思う。
でもね…

まぁこの業界も一緒ですけどね!
何もできない、何も知らない自称料理評論家さんや料理ライターさん達だらけ!
そのくせ我が物顔でその料理を語る…



沸々としてきたのでこの辺で止めときます。

言いたかったことは…

日本代表の選手の方たち、頑張ってください。遠いフランスから応援しています。

日本を背負う重圧なんか僕には分かりません。でもその一瞬にかける姿が、後の素晴らしい日本代表を生むことになると僕は思います。

c0178068_9322698.jpg
色彩の無いParisも悪くない。
[PR]
by ecooking | 2010-02-19 09:55 | フランスの街並

Éclats de la lumière(光が射す)

バカンスまであと一週間!
今回のバカンスはサン・マロ、モンサンミッシェルへ。

楽しみでなりません。

でも…
同時に妻と息子の帰国の日も迫ってきています。

淋しいですが、僕も8月の帰国で労働ビザを取得し、parisに戻って引っ越しや家族を呼び寄せるビザの申請など忙しく毎日が待っています。

秋ごろには正式にこっちへ家族が移住予定。
そんな楽しみも待っています。
c0178068_9234118.jpg
家族の未来にも明るい光が射しています。
[PR]
by ecooking | 2010-02-17 09:34 | フランスの街並

華と花

昨日はバレンタインデー。

日本ではショコラの販売競争がされたことでしょう。
こちらでは男女が贈り物をするらしい。

こんなところにも文化の違いが。

そんな昨日は散歩。
家の近くの教会がある場所が好きなので、その辺りを。
c0178068_18385522.jpg
はじめて通る小道が素敵だったので。
色々散歩しているつもりですが、まだまだ知らないところは沢山あるみたい。

静かの小道を通り抜け、パプトゥリーやアンティケールなどをウィンドーショッピング。
ヴェネツィアに住んでいる時、そのフォルムにほれ込み買ったことのある小物も並んでたりして、懐かしい思い出に浸っていました。

そんな休日を楽しんでいると、遠くからアジアンチックな祭りの音色。

その音のする方へ行ってみると…
c0178068_18413110.jpg
中国の方たちのお祭り。

中国の正月なんですか?
それにしてもこのお祭りを見るギャラリーで、道路が埋め尽くされていました。

龍の人形の舞や爆竹など、昔テレビで見たことのある映像が目の前で繰り広げられていました。

他人の国でこんなに堂々とお祭りをするとは…っと呆気にとられてしまいました。

でも僕らもエトランジェ。
仲間なんですけどね!

そんな時見つけた幸せ。
c0178068_18392580.jpg
小道に一本だけ見つけた桜の木。

小さく可憐な花が咲いていました。
春も近いかな…
[PR]
by ecooking | 2010-02-15 19:11 | フランスの街並