<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Un reencounter!(再会!)

今日の朝いつも通り仕事場に着き、届いた食材を二階の厨房まで運んでいると…

『檜垣シェフ!』
っと呼ぶ声が。

後ろを振り返ると、カノビアーノアネックスで一緒に働いたスタッフが立っていました。
ビックリです!
何の連絡も無くいきなりですからね~

休憩時間に待ち合わせをして、一緒にカフェへ。

聞くと、ニームのレストランで働くらしく、それまでの間parisに来ているらしい。

来て二日目で慣れない中、『passage53』というキーワードのみを頼りに、僕を探してきてくれたのは本当に嬉しいことです。

仕事に追われる毎日の中、懐かしい再会は仕事から少しの間だけ開放してくれる出来事。

大阪時代彼とは色々ありました。
けど今の彼の姿を見ると誇らしく思うし、あの時の言葉が少しくらいは伝わったのかなっと思います。


今回は短い時間でしたが、そんな話もしつつ楽しい時間が過ごせました。



川上ありがとね!
ぜひ頑張ってください!応援しています!!
[PR]
by ecooking | 2009-12-30 08:12 | フランスの日常

Tous les jours(日常)

今年も残すところ後二日。
こっちにはお正月なんていう風習は勿論無いし、平日と同じ感覚らしい。
でも年末だからか人通りは多く、皆慌ただしい感じがします。

買い物なんかで忙しんですかね?

最近のparisはというと…
ずーっと天気が悪いし雪か雨が毎日降っている感じかな。

前にも書きましたが、雨の日以外は基本的に自転車でお店まで行っています。
家から店まで大体20分くらいですかね~
parisは本当に坂道が多いんですよ!通勤だけで結構疲れます毎日。

今は家族が来ているので、休憩時間は一旦家に帰ります。
こっちは夜のオープンが遅いので、日本よりは少し長めに休憩時間が取れるんですよね~
子供と遊んだり、買い物をしてからまた店に帰ります。

っで最近年末だからか車がやったら多いんですよ!車道を走る自転車としては結構怖いんです!

そんな中、信号待ちで撮った写真。
c0178068_91614.jpg
c0178068_9164043.jpg
日が落ちかけたparis。

ライトの色が素敵な街なんです。

けどみんな運転は荒いんですけど…
[PR]
by ecooking | 2009-12-29 09:14 | フランスの日常

最近…

今年もあと数日。皆さん大掃除なんかで忙しい時期でしょうね~
うちの店は今日大掃除が終わって、後は年末を待つばかり。一年たつのは早いな~っとつくづく思います。

去年の今頃はフランス行きが決定しなくて悶々としていました。でも一年経つとどうでしょう。
parisに居るし、働きたかったお店で働けているし、それもスーシェフという立場で。

不思議です。人生分からないものですね!


話変わって…
フランスに来てからというものあまりレストランに行っていません。
お金の問題もありますが…

日本に居る時は良く行っていましたからね~

そして来年の目標は『月に一度ガストロに食べに行く!』っというのを掲げます!
基本は三ツ星。ちなみにデジュネは手頃だし。

こっちは週に一度チップを頂けます。
一週間分のチップを貯め、スタッフに配分されるんですよ。これが結構助かるんですよね~
これを貯めてガストロには行くつもり。

来年が楽しみになってきました!←一人盛り上がっているだけですが…

この写真は先日のクリスマスに行った場所
c0178068_975799.jpg
コンコルド広場。

観覧車と塔を普段見る写真とは違う感じで撮りたかったので…

そのままシャンゼリゼ通りを歩いて凱旋門まで行きましたが、人の群れに疲れました。
でも凱旋門を近くで見るとなぜか不思議と元気が出てきました。

なぜでしょう?

そして最近観光客化してきています。

なぜでしょう?
[PR]
by ecooking | 2009-12-28 09:06 | フランスの日常

Une promenade du matin(朝の散歩)

休日の日に家族で散歩。
場所は僕のお気に入りの場所。
c0178068_15154114.jpg

家から歩いてすぐのセーヌ河へ。

朝の散歩は本当に気持ちいいですよね~
深呼吸すれば冬の冷たい空気が心地よく、いつのとは違う場所に思えてきます。

階段を下り、河の近くまで行くとこんな看板が。
c0178068_15215472.jpg

河の畔に生えている草木などの名前が書かれています。

船が通ったりすると、朝日に輝く水面が揺れる光景はホントに綺麗なものです。

橋を渡って、シテ島へ。

街並みを見ながら歩いていると息子が色々質問してきます。見たことないお店や、変わったお店も多いですからね~

向かった場所はココ。
c0178068_1529454.jpg

ちなみのこの写真は息子が撮ったもの。
なかなかのセンス!

そしてこの日も寒かったし、やっぱりこれを飲まないと!
c0178068_15323249.jpg
息子にショコラショーを。


温かくホッとする味でした。



早起きは苦手ですが、朝の散歩は楽しい時間が過ごせます!
[PR]
by ecooking | 2009-12-27 15:08 | 休日

Noel(クリスマス)

先日のブログでも書いていますが、フランスのクリスマスは家族で過ごすもの。
フォアグラやシャポンなどの料理を食べ、親戚中が集まってパーティーをするそうです。

僕たち3人はクリスマスをparisで過ごすのはもちろん初めてだし、日本だとクリスマスを家族で過ごすなんてことありえないですからね~
息子朝からサンタさんからもらった『LEGO CITY』に夢中ではしゃぎまわっているし…

クリスマスは家族水入らずの時間をゆっくり過ごそうと約束していました。

ということで、僕も気合いを入れてクリスマスの料理を作りました。
c0178068_8491536.jpg
これはオマールエビの仕上げの段階。

コライユバターで絡めてみました!
c0178068_8494622.jpg
パンタードは一回丸のままローストして、最後にトリュフバターをソースとして絡めました。

バターはボルディエだし言うことありません!
c0178068_8501744.jpg
こんな感じで我が家のパーティーも開始されました。
c0178068_851243.jpg
そして欠かせないのがデセール。

ブッシュ・ド・ノエルではなく、ガレット・デ・ロアをパティシエのヒロシ君が作ってくれました。
彼のガレット・デ・ロアは絶品です!これホント!!

この中にはもちろんフェーブも入っていて、うちの息子が2個とも当ててしまいました!
さすが今年大吉男です!
c0178068_8525832.jpg
フェーブは可愛いるイルカです。

『寛太君に合わせてみました!』っとうれしい一言。
勿論子供も喜んでいましたし、その夜は息子が王様で僕が家来になりました(笑)

素敵で静寂な夜をゆっくりと楽しみました。
[PR]
by ecooking | 2009-12-26 08:47 | 休日

ARBRE DE NOEL(クリスマスツリー)

フランスではクリスマスは仕事が休みで、その日は家族で過ごすもの。

日本でこの仕事をしていると、クリスマスに仕事を休むなんかあり得ません!
18歳の時にこの業界に入って以来、クリスマスを家族で過ごすのは初めてなのでなんか不思議。

家で家族でクリスマスパーティーをする為に購入したもの。
c0178068_20412343.jpg
クリスマスツリー

飾りつけはシンプルに、ライトに小枝がついたモノのみ。
家族みんなが一目惚れしたもので、凄く気に入っています。

ではよいクリスマスを…
[PR]
by ecooking | 2009-12-24 20:40 | 好きなもの

gâteau de Japon(和菓子)

知人のお誘いで和菓子の講習会へ。

17区にある『maison de la culture du japon a paris』という場所で、夕方から向かいました。
お客さんの9割はフランス人にはビックリ!

フランス人の方々に、『和菓子』というものの文化を伝えるための講習会で、テキストや映像を絡めて丁寧に説明されていました。

質問で和菓子を知っている人がほとんどなのはもちろん、日本に行ったことのある人も半分以上いました。
『KYO~TO!』とか『TENNPURA~!』とか『SUKIYA~KI!』など有名な日本のものはフランス人も大好きらしですよ。
c0178068_2063263.jpg
この近くにパラス・ド・キョウトなるものもあります。
c0178068_2065329.jpg
c0178068_2071680.jpg
講習会はこんな感じ。

この講習の後は、実際にみんなで和菓子を作らせてもらいました。

シンプルな見た目と違って、形にするのはとても難しい。
でも講師の方が『好きなように作っていいんですよ』と言っていて、楽しむことそして自分らしさがあるものが一番とも言っていました。

和菓子が凄く身近に感じたし、日本に帰国の際はまた食べてみたいと思いました。
c0178068_208165.jpg
ちなみにこんな感じ。

楽しいひと時はすぐに過ぎるもので、講習が終わって夜のサービスヘ向かいました。
c0178068_2085563.jpg
この写真はガラス張りのエレベーターからのエッフェル塔。

今回の講習会では季節感や技法など、料理人の自分でもとても勉強になりました。

シンクさん有難うございました!
[PR]
by ecooking | 2009-12-23 20:05 | スイーツ

Paris Blanche(白いパリ)

日本は年末に向けて忙しい毎日なんだろうな~
知り合いのブログなどを見ていると、クリスマスやお正月の話題ばかり!一年で一番忙しい時期ですもんね。

こちらはクリスマスに向けてのイルミネーションが道路やお店、家などを素敵に彩っています。ヨーロッパらしい光景にいつも見惚れています。

ところで12月に入って寒さを増したparis。

一週間前の写真を少し…
c0178068_19194595.jpg
朝起きて家の窓から外を見るとビックリ!
雪です!

あまりparisでは雪が降らないと聞いていたので…
どおりで寒いわけです。

ちなみにこの日の最低気温が-6℃。高知県生まれの僕には極寒の地です。
c0178068_19202811.jpg
c0178068_1921943.jpg
c0178068_19214919.jpg
家からメトロまでの道。

久しぶりにこんなに雪が降っているのを見た気がします。
c0178068_19223099.jpg
メトロを降りて、お店までの道には普通に雪が積っていました。
c0178068_19225869.jpg
家から歩いて30秒の場所にあるパリ市庁舎。

なかなか写真では伝わりませんが、雪景色もparisもいいものです!

でもとにかく寒い毎日が続いています…
[PR]
by ecooking | 2009-12-22 19:17 | 仕事

bigarrade(ビガラード)

今のpassage53は日・月曜日が休み。
ただどの店も日・月曜休みの日が多く、なかなか思ったようなレストランに行けてないのが現状。

そんな時にシェフが『ビガラード予約したけど、檜垣さん行く?』っと嬉しいの一言。

勿論行きます!っと即答。

月曜の夜は営業しているビガラードは予約困難で、取れたのはその日から一ヶ月後のこと。

待ちに待った日にシェフ達と17区にある一つ星のビガラードへ。
c0178068_6485565.jpg
少しピンボケしているのは許してください(笑)

入口はこんな感じ。

中に入るとモダンな造りの店で、半分くらいのお客さんは日本人。
日本では本当に有名なお店ですもんね~

ムニュは65€の一本のみ。

ワインはアルザスのワインを選び、食事スタートです。
c0178068_6491856.jpg
一品目はフォカッチャとオリーブオイル。
c0178068_653260.jpg
烏賊のフリットに黒七味。
c0178068_6532877.jpg
次は三点盛で。
c0178068_6535010.jpg
グラニースミスのグラニテにマテガイ。
赤い花はソージュ・アナナス。
c0178068_6541238.jpg
牡蠣に三杯酢のジュレ。
c0178068_6543131.jpg
ムール貝のエミルションにムール貝の味。
c0178068_6553429.jpg
マグロの塩漬けにシェーブルチーズ。
c0178068_6555618.jpg
サンジャックのソテーに黒大根のスライスのサラダ。
c0178068_656196.jpg
ラングスティーヌのミキュイに壬生菜・玉葱のコンフィチュール。
c0178068_6564195.jpg
その横にはラングスティーヌのフランにそのエミルション。
c0178068_657158.jpg
ブロッコリーのスープ。
c0178068_6573956.jpg
ポアソンは的鯛のイカスミ風味にエノキの炙り
c0178068_65847.jpg
ビアンドはピジョンのロースト。
アスパラにコロンナータ。
c0178068_6582879.jpg
こんな感じ。
c0178068_659501.jpg
チーズ。
c0178068_70168.jpg
ここからがデセール。
最初は三点盛。
c0178068_712557.jpg
パルフェグラッセ。
c0178068_714649.jpg
名前忘れた!
あのアレです!
c0178068_721482.jpg
ショコラショー。
c0178068_724468.jpg
最後はタルトショコラ。

っとまぁ~よく出てきます。
全てプティポーションですが、とにかく皿数が多いですね。

肝心の味はというと…美味しいです。
でも和風の味付けや中華っぽいのもあり、ちょっとイメージと違ったかな~

もう一回行ってみたいと思います。
[PR]
by ecooking | 2009-12-21 06:45 | フランス ガストロノミー

これから…

待ちに待った日曜日!
妻と息子がparisに来るので早起きしてシャルル・ド・ゴール空港へ。

30分前位に着いたので一人カフェをしていたのですが、落ち着かずカフェの周りをウロウロ。
時間ぴったりに出口にスタンバイして待つこと20分…

その間もなぜか目から涙が少しこぼれていたのですが、妻と息子がゲートから出てきた瞬間『パパ~』という声に、押さえていた理性も吹き飛び涙が溢れて止まりませんでした。

一人で過ごした4ヶ月間のparis生活が淋しかった訳ではなく、4ヶ月間も妻に息子に淋しい思いをさせ、迷惑をかけた申し訳なさからかな…

息子にも『なんで泣いてるの?』と言われてしまいました。そりゃそうですよね~顔を見た瞬間泣いてしまったんですから(笑)

本当にこの4ヶ月間色々ありました。
でも家族3人になると自然で、ずっ~と一緒に居たような不思議な感覚になります。

けど何でも良いです。3人一緒なら!
これからのparis楽しみです。
c0178068_22504246.jpg
これは妻に見せてもらった機内の写真。

息子の食欲には驚かされます…
[PR]
by ecooking | 2009-12-14 23:08 | 休日