カテゴリ:休日( 20 )

Une promenade du matin(朝の散歩)

休日の日に家族で散歩。
場所は僕のお気に入りの場所。
c0178068_15154114.jpg

家から歩いてすぐのセーヌ河へ。

朝の散歩は本当に気持ちいいですよね~
深呼吸すれば冬の冷たい空気が心地よく、いつのとは違う場所に思えてきます。

階段を下り、河の近くまで行くとこんな看板が。
c0178068_15215472.jpg

河の畔に生えている草木などの名前が書かれています。

船が通ったりすると、朝日に輝く水面が揺れる光景はホントに綺麗なものです。

橋を渡って、シテ島へ。

街並みを見ながら歩いていると息子が色々質問してきます。見たことないお店や、変わったお店も多いですからね~

向かった場所はココ。
c0178068_1529454.jpg

ちなみのこの写真は息子が撮ったもの。
なかなかのセンス!

そしてこの日も寒かったし、やっぱりこれを飲まないと!
c0178068_15323249.jpg
息子にショコラショーを。


温かくホッとする味でした。



早起きは苦手ですが、朝の散歩は楽しい時間が過ごせます!
[PR]
by ecooking | 2009-12-27 15:08 | 休日

Noel(クリスマス)

先日のブログでも書いていますが、フランスのクリスマスは家族で過ごすもの。
フォアグラやシャポンなどの料理を食べ、親戚中が集まってパーティーをするそうです。

僕たち3人はクリスマスをparisで過ごすのはもちろん初めてだし、日本だとクリスマスを家族で過ごすなんてことありえないですからね~
息子朝からサンタさんからもらった『LEGO CITY』に夢中ではしゃぎまわっているし…

クリスマスは家族水入らずの時間をゆっくり過ごそうと約束していました。

ということで、僕も気合いを入れてクリスマスの料理を作りました。
c0178068_8491536.jpg
これはオマールエビの仕上げの段階。

コライユバターで絡めてみました!
c0178068_8494622.jpg
パンタードは一回丸のままローストして、最後にトリュフバターをソースとして絡めました。

バターはボルディエだし言うことありません!
c0178068_8501744.jpg
こんな感じで我が家のパーティーも開始されました。
c0178068_851243.jpg
そして欠かせないのがデセール。

ブッシュ・ド・ノエルではなく、ガレット・デ・ロアをパティシエのヒロシ君が作ってくれました。
彼のガレット・デ・ロアは絶品です!これホント!!

この中にはもちろんフェーブも入っていて、うちの息子が2個とも当ててしまいました!
さすが今年大吉男です!
c0178068_8525832.jpg
フェーブは可愛いるイルカです。

『寛太君に合わせてみました!』っとうれしい一言。
勿論子供も喜んでいましたし、その夜は息子が王様で僕が家来になりました(笑)

素敵で静寂な夜をゆっくりと楽しみました。
[PR]
by ecooking | 2009-12-26 08:47 | 休日

これから…

待ちに待った日曜日!
妻と息子がparisに来るので早起きしてシャルル・ド・ゴール空港へ。

30分前位に着いたので一人カフェをしていたのですが、落ち着かずカフェの周りをウロウロ。
時間ぴったりに出口にスタンバイして待つこと20分…

その間もなぜか目から涙が少しこぼれていたのですが、妻と息子がゲートから出てきた瞬間『パパ~』という声に、押さえていた理性も吹き飛び涙が溢れて止まりませんでした。

一人で過ごした4ヶ月間のparis生活が淋しかった訳ではなく、4ヶ月間も妻に息子に淋しい思いをさせ、迷惑をかけた申し訳なさからかな…

息子にも『なんで泣いてるの?』と言われてしまいました。そりゃそうですよね~顔を見た瞬間泣いてしまったんですから(笑)

本当にこの4ヶ月間色々ありました。
でも家族3人になると自然で、ずっ~と一緒に居たような不思議な感覚になります。

けど何でも良いです。3人一緒なら!
これからのparis楽しみです。
c0178068_22504246.jpg
これは妻に見せてもらった機内の写真。

息子の食欲には驚かされます…
[PR]
by ecooking | 2009-12-14 23:08 | 休日

Nuit heureuse!(楽しい夜!)

フランスに来て早2ヶ月。
だいぶこっちの生活に慣れてきたこの頃。

parisは本格的に寒くなってきたし、ブログの壁紙を秋の感じに変えてみました。
いかがですかね~ 自分的には気に入っています。

話変わって…
休日にシェフから電話で恒例の食事会。

急いでバスティーユにあるワイン屋さんへ。
c0178068_21372515.jpg
以前にも書いた『Caprices』というお店。

色々お悩んだ結果、ローヌをチョイスし、自転車を飛ばしてシェフ宅へ。
何とか待ち合わせの時間1分前に到着。

今回はシェフやオーナーのギョーム、『あい田』の相田さんたちとの食事。

写真は撮っていませんが、ディノワイエの豚を使ったしゃぶしゃぶと自家製のポン酢。
野菜たっぷりだし、めちゃめちゃ美味しかったな~

そして今回のワイン達。
c0178068_21374520.jpg
ラフォンのムルソー・ジュネリーブル。

96年で熟成感も最高。
このヴィンテージの良さが最大限に発揮されているような感覚で、久しぶりに感動した白ワインでした。
c0178068_2138299.jpg
アルマンルソーのシャンベルタン。

言うまでもありません。
葡萄という液体の最高峰の一つ。

香りがは若々しく、力強く繊細な印象。
ただただ唸るだけでした。
c0178068_21382691.jpg
ドメーヌ・ラモネのシャサーニュ・モンラッシェ。

鋭角的で華やかな香り。
丸みがあり、余韻の長さが素敵なワインでした。
c0178068_21384341.jpg
クローズ・エルミタージュ。

熟成感もばっちりで、力強さ、凝縮感、スパイシーさetc…
値段ではなく、本質的な美味しさが味わえました。
c0178068_2139592.jpg
〆はサロン。

これぞシャンパーニュというか、至福のひと時でした。
以前にも違うヴィンテージを飲んだのですが、また違った印象。10年後が楽しみなシャンパーニュでした。

といった夜の晩餐。
相田さんとも沢山話して、色々勉強になりました。

これからもよろしくお願いします!
[PR]
by ecooking | 2009-10-12 21:36 | 休日

Ile St-louis(サン・ルイ島)

家から歩いて10分くらいの場所にあるサン・ルイ島。

休日は朝からマルシェに行って、そこからparis観光へ出かけます。
その中でも特に好きな場所がサン・ルイ島。

隣のシテ島にはノートルダム大聖堂があり、沢山の人がいて賑わっています。
c0178068_225104.jpg
ちなみにこれがノートルダム大聖堂。

これも勿論素晴らしい建造物でこの迫力には圧倒されますが、隣のサン・ルイ島の落ち着いた雰囲気のほうが僕は好きかな。

静かな街並みで、小道に入ると小さな雑貨屋やワインショップなどがあり、そんな店を覗きながら散歩をするのが気持ち良いんですよね~
そんなサン・ルイ島を数枚。
c0178068_21564267.jpg
カメラを持って石畳を歩きながら時折シャッターを切る…

あまり人も歩いていないし、時々猫が横切る程度。
心落ち着く静かな散歩です。
c0178068_2157836.jpg
曲がったり、少し坂道になっていたり。
c0178068_21573533.jpg
セーヌ川沿いには沢山の車。

こんな所に住んでみたいものです。
c0178068_2158252.jpg
マダムにすれ違うと『bonsoir』と挨拶をしてくれ、笑顔でそんな言葉を交わします。

家に買える時はセーヌ川に掛かっている橋のベンチで一休み。
こんな休日もいいものです。
[PR]
by ecooking | 2009-10-07 21:52 | 休日

Dans une fin gênante…(困った果てに…)

早いものでもう10月。

日本では紅葉はどこに見に行こうかなんて考えている季節かな?
僕もフランスの街並みや、仕事、ビズなんかにも慣れてきました(笑)

家から一歩出ると街は寒く、朝なんかは手袋して出勤しています。

けど秋の空気というか、秋の匂いは大好きなんですよね~

家はマレ地区にあって、オシャレな服屋さんや家具屋さんがたくさんあります。
ウィンドウの向こうには厚手のジャケットや、コート、マフラーなんかがディスプレイされていて、それを見るだけでも心躍る気持ちです。
コートを着て、手袋とマフラーを巻きフランスの街を散歩。カフェではヴァンショーを。
なんて恰好良くないですか?
そんな大人な紳士を街で見かけると振り返ってしまいます。
年とったかな…

フランスのアパルトマンは家具付きが多いんですが、僕の部屋には家具がありません。
今は一人暮らしで家具なんかほとんど要りませんが、やっぱり最低限はないとな~ということでSNCFに乗って買い物へ
c0178068_0281554.jpg
今回はparis郊外にあるIKEAへ出かけました。
このフランス生活でparisから出るのは初めてだし、いまいち地図が載っていないので目的地へ着くのは一苦労。麦畑の広がる静かな田舎町にikeaはあり、ikeaでの買い物は初めて。

何とか家具など色々買って、家までの郵送を申し込みにサ-ビスカウンターへ
ここからまたまた一苦労。住所や電話番号etc…を書類に書き込み何とかOK

後日配達を待っていましたが、日本とは違い自分から配達日や時間など配達業者に電話しなければならないとのこと。
てっきり向こうから電話があるもんだと思い込んでいたので、いつまで経ても届かず、最後には店のオーナーに電話をしてもらう始末。

やっと今週の木曜日に到着します。

はぁ~大変です…
[PR]
by ecooking | 2009-10-03 00:26 | 休日

ネット環境が整ったと思いきや、失敗。
フランス語の難しさを痛感しつつ、今はネットカフェにいます。

ただ、先週銀行口座を開設したので、オーナーの知り合いに頼んでネットをつないでもらう予定。
もう少しでネットがつながると思うとちょっとうれしい。

昔はインターネットなんかなかったのに、今は無いと困る一つのアイテム。
便利になりすぎると、自分で本を開いて調べたり読んだりしなくなり、キーボードを叩くとすごい量の情報が映し出されます。

ネットに頼りすぎるとね~
料理業界も「あの店は良くない!」「あの料理はあ~だこ~だ」と浅はかな知識、自分ではできないのに判ったような口を利いている方々ばかり。
そんなネットでの情報に頼りがちで、いつからか「自分」というものがなくなってきているような気がします。
やっぱり自分で一つ一つを目で見たり、感じたりしながら判断したなと思います。


話し変わって、最近は相変わらず仕事の日々。
日々メニューが変わっていく中で、一つ一つの仕事に集中している毎日。
スタッフのみんなとも慣れたし、いい店で働けているな~っと実感しています。

また大阪からお客様がわざわざ食べに来てくれました。知り合いの方々からのお土産や手紙なども持ってきてくれていて、本当にうれしかったですね!

皆さんが来年フランスに来ることを信じてがんばらないと!

佐藤さん本当に有り難うございました。またどこかでお会いできることを楽しみにしています。
[PR]
by ecooking | 2009-09-29 00:44 | 休日

Marché Biologique des Batignolles(ビオマルシェ・バティニョール)

フランスにはたくさんの市場があります。
食品や小物、花etc…その規模は大小さまざま。その中を歩いているだけでも楽しくなってきます。

題名にも書いていますが、今回はパリ・17区にあるビオマルシェへ。
c0178068_16431520.jpg
大きい通りの中央分離帯を使った100mくらいの規模。左右にびっしりお店が並んでいます。

犬の散歩ついでに寄っている人、ベビーカーを引いた奥様、観光客、どこかの店のシェフetc…
人間観察も楽しい場所ですね。
c0178068_16434498.jpg
c0178068_16441755.jpg
野菜がたくさん並んでいます。
ナヴェやラディ・ノワール、ポティマロンなんかも出てきて、夏の終わりを告げる野菜たちが半分くらいかな~
これからキノコなんかも並んで来るだろうし、楽しみでなりません。
葉物やフルーツも瑞々しく新鮮なものばかり。

びっくりしたのが、ブドウなんかを勝手にちぎって食べている人がほとんど…
泥棒にならないのかな?
c0178068_16444665.jpg
フロマージュも。
僕はパンを買い、ここでチーズをはさんでもらって朝ごはんにしました。
これもまたマルシェめぐりの醍醐味!
c0178068_16451447.jpg
肉屋。
牛肉や仔牛、仔羊など何でも売っています。

どの肉か注文し大きな塊を切ってくれて、隣の八百屋でハーブを買って家で焼く。
絶対においしいですよね~
c0178068_16454616.jpg
ソーシソン、ブーダン、パテなどの惣菜も充実。
どれもうまそう!
c0178068_1646481.jpg
ってな感じでマルシェを楽しみました。

まだ慣れていないフランス語を喋るのは一苦労ですが、それもまた勉強…
[PR]
by ecooking | 2009-08-25 17:16 | 休日

À un voyage(旅行へ) 2

昨日の続きを。

伊賀にはもう一つの目的があり、細い山道を抜けて行った場所は…
c0178068_1151469.jpg
『松尾芭蕉記念館』

芭蕉ゆかりの品が数多く展示してありました。
c0178068_11511512.jpg
松尾芭蕉の生家
c0178068_11512770.jpg
生家の庭
c0178068_11514047.jpg
松尾芭蕉にゆかりある茶室で、唯一現存する蓑虫庵。

様々な草木が生えた庭。
その中に静かにたたずむ趣のある茶室に、暫し見惚れていました。
c0178068_11514989.jpg
茶室の中にはこの掛け軸のみ。
無の空間が素敵です。

そして晩飯はやっぱりアレですよね!
c0178068_11515964.jpg
伊賀牛のすき焼きを食べさせてくれる『金谷』さんです。

今回は個室を用意していただきました。
家族で外に夜ごはんを食べに行くことはあまりないので、ゆっくりとできましたね~
c0178068_1152995.jpg
いい肉です。野菜もたっぷり…

全て女将さんが作ってくれます。
c0178068_11521880.jpg
すき焼きは関東風で、割下で食べるタイプ。
子供も喜んで食べていました。
c0178068_11522722.jpg
数時間後にはこんな感じです…

美味しく頂きました。

一泊二日の短い旅でしたが、伊賀を土地すべてを堪能しました。
やっぱり旅は色々なことを学べる気がします。

また素敵な旅に行きたいものですね!
c0178068_11523893.jpg
この写真は松尾芭蕉記念館で撮った一枚。
なぜか蓮の花を見ていると極楽浄土を想像してしまう。

何でだろう…
[PR]
by ecooking | 2009-07-14 13:09 | 休日

À un voyage(旅行へ)

息子の誕生日プレゼントに伊賀へ。

伊賀と言えば忍者の里。
息子はテンション高く忍者屋敷へダッシュ!その後ろ姿に成長したな~と笑みがこぼれます。

忍者屋敷ではガイドさんが、様々な仕掛けを実演付きで説明してくれます。
よく考えられた仕掛けに驚くばかり。

そしてこれは忍者の方が実演。
c0178068_1364297.jpg
忍者の説明や、手裏剣の投げ方などを目の前でやってくれます。
この写真は忍者の戦いを臨場感あふれる感じで実演。

白熱の演技に大きな拍手が起きていました。
ちなみに僕と息子は手裏剣投げを体験。

なかなかの難しさに、息子は次の日も挑戦していました(笑)

忍者の屋敷を後にして、昼食へ。
c0178068_1371262.jpg
小さな忍者が偵察中(笑)
忍者屋敷に売っていた子供用の忍者の衣装を購入。

お店は『田楽座 わかや』さん。
名前の通り田楽を食べさせてくれるお店。
c0178068_1372512.jpg
まずはビールと湯葉刺し。

大豆の味がしっかりとした湯葉。美味しい…
器の信楽焼も素敵です。
c0178068_1373819.jpg
田楽はすべて炭で一つ一つ丁寧に焼いてくれます。

炭に落ちる味噌の焼ける音と香りが堪りません!
c0178068_1375081.jpg
これが一人前。
見てくださいこの焼き色!いい具合に焦げています。

甘辛い八丁味噌を使った田楽味噌。
美味しすぎて手が止まりませんでした!
c0178068_138477.jpg
田楽にこれが付いてきます。
卯の花や肉じゃがも美味しかったな~

食事を終え、散歩をしながら観光へ
c0178068_1381570.jpg
伊賀城。

大きくないお城ですが、中には鎧や重要文化財などが展示してあって、なかなか楽しめました。
c0178068_1395980.jpg
そして今日の旅館は『薫楽荘』さん。

築100年の歴史があるらしく、趣のある造り。
部屋では息子と忍者遊び。なかなかハードな一日でした。

続きはまた明日…
[PR]
by ecooking | 2009-07-13 02:29 | 休日