カテゴリ:ブルターニュの旅2010( 8 )

La fin(終わり)

いつも長々とすいません。
これで最後です!


海を見た後はサン・マロの街を散策。

『Rue brousais』と言う通りが賑わっているらしく、その辺りから。
c0178068_501039.jpg
様々な家の入口がありますが、こんなのは初めて。

かっこいいです!
c0178068_51815.jpg
c0178068_513912.jpg
こんな街並みが続きます。

お店も色々あって、楽しい通り。
少しparisとは違っていて、それがまた良いんですよね。

そんな楽しい通りから少し入ったところにあるお店。
c0178068_52287.jpg
『La Maison du Beurre Bordier』ボルディエバターの本店です。

ここは今回の目的の一つ。
passage53ではここから直接送ってもらっています。
c0178068_523139.jpg
店内はバターはもちろんのこと、フロマージュやバターを使ったお菓子等も売られています。

バターを注文すると、箆で練ってくれて包装してくれます。

今回買ったのはドゥミ・セル(有塩)とアルグ(海藻)。
他にもピモン・デスプレッド(バスクの唐辛子)、セル・フュメ(燻製塩)、柚子等があります。

後バターと一緒に、バター用の木べら。
これが中々のかっこよさ。お気に入りです!

このお店の前には魚屋さん。
色々な魚や貝が並んでいました。

ピエ・ド・シュバルを買おうか迷ったのですが、今回は断念…
次こそは!


朝から歩きっぱなしだし、近くの公園のベンチで休憩。
c0178068_533317.jpg
そのベンチを一枚。
c0178068_543780.jpg
エピスリー。


良く歩くと自然にお腹が空いてきます。

ランチは妻の希望でガレットに決定。

色々探しながら決めたお店。
c0178068_55693.jpg
『Creperie la Touline』

店中に入るとバターの良い香り。
これは期待できます!
c0178068_553389.jpg
息子が撮った一枚。

ご主人も笑顔でポーズをとったりしてくれました。

メニューはものすごい数にビックリ!
僕は基本ガレット屋ではシンプルなものが好みなので、これを注文。
c0178068_555784.jpg
ガレット・ウフ。
c0178068_562855.jpg
そしてブール・サレ。

やっぱりこれが一番!
最高です!!

生地は香ばしくバターがジュワッと溶けていきます。
あぁ~また食べたい…

息子はデザートも!
c0178068_592628.jpg
こんな感じのわんぱくな食べっぷり。

夢中で食べていました。
息子は本当に食べるのが好きなんですよね~

ガレットにはやっぱりこれ。
c0178068_595124.jpg
シードル。

ドライな中にほんのり感じる甘みがいいんです。
c0178068_510333.jpg
これがシードル用のカップ。

シードルはコーヒーカップのようなもので飲むのが普通。
多分カンペール焼だと思います。

ガレットには十分満足!
シェフご馳走様でした。

お店を出てまた散策開始!
っと言いたいところですが、この辺りから雨模様。

道路などが濡れて、また違った雰囲気の街に変わっていく。
そんな雨のサン・マロも悪くないです。
c0178068_5105964.jpg
こんな細い通りが多いサン・マロ。
c0178068_5112874.jpg
c0178068_5123658.jpg
そして城壁の近くにある『musee d'histoire de la ville(サン・マロ歴史博物館)』へ
c0178068_513494.jpg
一番のお気に入りの古い地球儀。

なぜかすぐに日本を探してしまいます(笑)

ここには様々なものが展示されている中、やっぱり地球儀には惹かれます。
昔の人はこの地球儀を見て何を思ったのか。
航海は今ほど楽なものではなかったにせよ、世界にある他の島々に憧れていたはず。
そして今の時代も、世界の色々な土地に魅了されている人がいます。

そんな世界へ旅行したいと思います。
c0178068_5133457.jpg
ここもエピスリー。
ここではソバ粉なんか買いました。


そして…
楽しかったブルターニュの旅もこれで終わり。
TGVの時間が迫ってきました。

雨も降っていることだし、駅までバスで行くことに。
c0178068_514774.jpg
城壁の街を外から。

本当にいい街でした!
また来たいですね。
c0178068_5143079.jpg
バス停の近くにある港には船が沢山。
c0178068_5145863.jpg
サン・マロの駅。

そしてparisのモンパルナスまで3時間くらいで着きます。
帰りのTGVの中では、どの場所が良かったかなど楽しい話で盛り上がりました。

そして家に帰って息子は一目散に洗面所へ
c0178068_5152533.jpg
拾った貝殻を洗って乾かしていました。

このハンカチはこの旅行へ僕が持っていったもの。
サン・マロに因んで、一応イカリのマークを。
c0178068_5154797.jpg
そして最後に買ってきたお土産。

ボルディエバター・シードル・ガレット用のソバ粉・塩キャラメル・キブロン産のバターで作ったオイルサーディンetc…

すごく重かった…
[PR]
by ecooking | 2010-03-09 06:21 | ブルターニュの旅2010

Saint Malo(サン・マロ)

旅の疲れかレストランからホテルに帰るとすぐに寝てしまいました…

でも朝は早起き。
旅での早起きはやっぱり良いもの。

窓を開けると冷たい潮風と、カモメの鳴き声が聞こえてきました。
c0178068_13554941.jpg

ブルターニュの旅も終盤戦。
サン・マロの街へ出かけたいと思います!

っとその前に朝食を…

普段は朝食を食べませんが、なぜか旅に来たら食べてしまいます。
以前行った台湾なんかでは、朝からそれはそれはすごい量を…

今回の朝食は適量を。
c0178068_13571391.jpg
c0178068_13573631.jpg
地元のヤウルトとリンゴのコンフィチュール。
これが凄く美味しかったですね。

後はサラダやクロワッサンなんかも。

ゆっくり食事をとり、部屋に帰って荷物。
城壁のある要塞へ渡るべく、早々ホテルをチェックアウト。

早朝のサン・マロの海を散策開始です!
c0178068_146586.jpg
c0178068_1464221.jpg
それはそれは絶景です。
この日は天気も良かったし、遠くにモン・サン・ミッシェルまで見えました。

下の写真の階段を使って砂浜まで降ります。
c0178068_1416441.jpg
c0178068_14183191.jpg
c0178068_1417205.jpg
c0178068_1423588.jpg
c0178068_14191923.jpg
この潮の香りが高知の田舎を思い出します。

息子は手と靴を砂だらけにしながら、貝殻拾いに夢中。
c0178068_142748.jpg
シャトー・ブリアンのお墓がある島へ行く道。

干潮時じゃないといけない場所で、ホテルに島へ渡れる時間が書かれています。
c0178068_14245276.jpg
c0178068_14251495.jpg
渡るか迷っている10分間くらいでこの感じ。

エッ~!って感じです(笑)
c0178068_1444429.jpg
家族で記念撮影。
c0178068_14363327.jpg
波打ち際。
c0178068_14384735.jpg
砂浜から見た城壁。
c0178068_14412337.jpg
真ん中にあるのは天然の海水プール。

次は夏に来たいものです。
c0178068_1442290.jpg
サン・マロの景色を。

階段にあった窓が額縁の風景画。

これが一番の芸術。
[PR]
by ecooking | 2010-03-08 14:48 | ブルターニュの旅2010

A Saint Malo (サン・マロへ)

サン・マロまではモン・サン・ミッシェルからバスで向かいます。

世界の車窓から…
c0178068_8523474.jpg
田舎の風景にこの風車。
c0178068_8532146.jpg
窓の外は何もない風景がほとんど。
それでも見飽きない。

天気が良いと、それだけで気分も良いですね!

モン・サン・ミッシェルからサン・マロまでの直通バスが無いので、ポルトルソンという街で乗り換え。

c0178068_856871.jpg
バスはポルトルソンの駅に止まります。
その線路を一枚。

バスが来るまで近くを散歩。
シャルキュトリーなどのお店を覗いたり、使われていない古い館のまわりを散策したり…
そうこうしているうちにバスが到着。

ポルトルソンからは40分くらいでサン・マロに着くらしい。

朝も早かったし、隣で息子は疲れて寝ていました。

世界の車窓から…パート2
c0178068_8565827.jpg
ここもやっぱり田舎の風景。
c0178068_857443.jpg
そしてここも…

でもやっぱり見飽きない。

ここからサン・マロまでは海沿いの道を通って行きます。
途中カンカルの街なんかも通るのですが、、牡蠣の養殖所なんかもありました。

そして岬に立っているシャトー・ド・リシューが見えて感動。
ここはオリビエ・ロランジェがやっているシャトーで、ル・コキアージュというレストランがあります。本当はこのバカンスはそこに食事に行くつもりだったのですが、あいにくのバカンス中!

唯一メゾン・ド・ブリクール時代に作っていた、ロランジェのスぺシャリテが食べれるお店なのに…

次に来た時は絶対に行こうと思います!

そんなことを考えている間に、今日の宿泊地サン・マロに到着。

バス停から城壁に囲まれているサン・マロまで、街並みを見ながら歩いて行きました
c0178068_8583354.jpg
港に寄り道。

大小様々な船が停泊。
以前行ったニースで見たクルーザーばっかり!っとはいかないですが、ヨットや漁に使う船などがありました。

でもさすがは港街!
ここもやっぱり潮の香りのする街でした。

そしてまた寄り道。
c0178068_8594222.jpg
この道を曲がると…
c0178068_902380.jpg
サン・マロの海!

絶景のパノラマに暫し茫然。
c0178068_91121.jpg
そんな近くには魚介専門店。

カンカルの牡蠣やクトー、オマールなどたくさん売っていました。

でもお土産に買って帰るのを忘れてしまいました…

そして見えてきました!
c0178068_915274.jpg
ここが城壁の入り口。
とりあえず息子も疲れているし、ホテルまで寄り道をしないで向かいました。
c0178068_923512.jpg
ここが今回のホテル。
『Ajonos D'Or(アジャン・ドール)』

レセプションも綺麗で、スタッフも良い対応。
良いホテルです。
c0178068_931984.jpg
c0178068_934852.jpg
部屋は海の街にちなんだ感じ。

そんなに広くは無いですが、落ち着ける内装が良かったですね。

少し部屋でゆっくりして、夕食の予約をしているレストランへ。

それはまた明日…

今日の最後の一枚は!
c0178068_942996.jpg
サン・マロで見た夕日。

贅沢な瞬間でした。
[PR]
by ecooking | 2010-03-03 09:12 | ブルターニュの旅2010

Mont Saint-Michel(モン・サン・ミッシェル)vol.3

今日から三月。

そして…
今日でバカンスが終わり、明日からまた忙しい日々の始まり。
充電も完了したし、気合を入れて仕事しないとね!


そんな中…
チリでの地震の影響で、昨日のparisは強風吹き荒れる一日。
フランスでは40人以上死者が出ているとか…

地球環境の悪化が影響しているのかな。


そんな昨日が嘘のように今日は暖かい春日和。
過ごしやすい日々の始まりかな~


でも先日から書いているこの場所は、今も昔も変わらずこの姿。
便利なものが何もないこの感じに惹かれます。



まぁ~そんなことを言いつつ。
モン・サン・ミッシェルの事を長々色々書いてきたし、今回はさ~っと!
c0178068_22364230.jpg
上からの一枚。
c0178068_2237472.jpg
扉に中庭。
c0178068_22372931.jpg
通路などにある蛇口。
貝殻の紋章がこの場所らしい。
c0178068_22374855.jpg
ひんやりした場所にある通路。
潮風の影響か、海藻みたいなものが壁についてます。
c0178068_22381413.jpg
c0178068_2314295.jpg
c0178068_2321668.jpg

こんな小さな道や階段などがあり、島内は迷路のようになっています。
c0178068_22411354.jpg
修道院を出て干潟を散歩。

その干潟からの一枚。
c0178068_22413656.jpg
干潟から見た地平線。

どのくらい見ていたのか忘れるくらいの景観。
ただただ素晴らしい…
c0178068_22424388.jpg
満潮時には海になるであろう場所。

眩しく素敵な輝き。

ゆっくり見学できて、楽しい時間が過ごせました。

世界遺産コレクションも一つ増えたし、何より家族旅行という良い思い出。
息子も満足した様子。

これでモン・サン・ミッシェルは終わり。
これからホテルがあるサン・マロへバスで向かいます。



最後に一枚。
c0178068_22455832.jpg
干潟に映るモン・サン・ミッシェル。

ここに来ないと見ることが出来ない景色…
[PR]
by ecooking | 2010-03-01 23:15 | ブルターニュの旅2010

Mont Saint-Michel(モン・サン・ミッシェル)vol.2

最近地震のニュースを良く目にします。
災害を防ぐことはできないと思いますが、少しでも被害が少ないことを願います。



昨日の続きを。
と言っても、今回のブログはいつもと違った形で。
c0178068_16524131.jpg
ここの階段を上がって、中へ入っていきます。

天気も良く暑いくらい。
ノルマンディーやブルターニュは寒いって聞いていたのに…

まぁ~青空の下での旅行は嬉しいですけどね!
c0178068_16531116.jpg
城壁の中の道。

潮風のせいか、壁は海苔のようなものがくっついています。
日の当らない場所はひんやりとして気持ち良い。

歴史の風合いが感じられる壁や道に感動。
c0178068_16533354.jpg
塔の上のミカエル像。
この場所は広場になっていて、360度パノラマ。

素晴らしい景観。
c0178068_16574715.jpg
礼拝堂にある道。

礼拝堂は好みではないので載せませんけど。
c0178068_16585210.jpg
c0178068_16594149.jpg
瞑想の為の回廊。

柱が修道僧の歩幅に合わせて建てられているらしい。
c0178068_172228.jpg
ここの場所みたいに、ところどころ天井が木で出来ている。

重さを考えての造り。

増改築を繰り返して出来た今の姿。
そんな努力の上にこの建物、景観が成り立っていると思いました。
c0178068_1722795.jpg
修道僧が通る石造りの質素な廊下。

そんな場所さえ絵になります。
c0178068_19431755.jpg
ベンチのある休憩所に咲いていた小花。


明日はカラーでお送りします!(笑)
[PR]
by ecooking | 2010-02-28 17:28 | ブルターニュの旅2010

Mont Saint-Michel(モン・サン・ミッシェル)vol.1

ブログの背景を春の装いにしてみました。
『桜』っていいな。


さぁ昨日の続き!
ここから皆さんをモン・サン・ミッシェルへお連れします!

っとか言いながら、ここから長くなるかもしれません…
是非お付き合いくださいね。
c0178068_1555186.jpg
入ってすぐに観光案内所があります。

ここで地図をもらって、散策開始!
c0178068_155794.jpg
大砲。

この場所には戦争や牢獄などの歴史も付きまとう。
攻撃や見張りをする為に、壁には小さな穴が開いていています。

喜んで撮った写真ではありませんが、こういった陰の部分も知ることは大事だと思ったので。


さぁ気を取り直して!
c0178068_15582722.jpg
重厚な門。

今も残る昔の風合。
c0178068_1559333.jpg
『La Poste』郵便局です。

素敵な建物だったので一枚。

こんな場所にあると違うものに見えてきますよね。
土産物屋さんで葉書なんか買って、送っている人もいました。
c0178068_1612063.jpg
これが看板。

これもまた素敵。

フランスにはこんな素敵な看板があちらこちらにあるんですよ。
c0178068_1624229.jpg
この辺りは修道院の下にあるレストラン街と言ったところかな?

良い匂いもしてくるし、土産物屋さんを覗いたり楽しい通りです。
c0178068_163024.jpg
これはフランスの観光スポットにあるコインの自動販売機なんです。

その場所の建物や景色が彫ってあるもので、息子が集めています。
男の子だし、物を集めるのが好きみたいなので。

これ結構お勧めです。
c0178068_1632624.jpg
階段。
c0178068_165168.jpg
この通りは凄くにぎやか。

日本人ツアー客なんかが多くて、懐かしい関西弁なんかも聞こえてきました。
c0178068_1652779.jpg
ここにも素敵な看板。
c0178068_1654639.jpg
ここにも。
c0178068_16112614.jpg
さてそろそろ修道院の入り口に近づいてきました。

こんな急な階段があちらこちらに。
息子はすたすたと登っていきます。後れを取らないように、頑張って登った先のご褒美…
c0178068_16132418.jpg
久しぶりに見た地平線。

贅沢な景色を見ながらの一休みは格別。

海の方から吹いてくる潮風が心地よく、汗がひいていく感じ。

そんな場所からの修道院。
c0178068_16134673.jpg
迫力。

多くの人が魅了されるのがわかります。
自分もその中の一人。

そんな憧れた場所に立っていることを信じられなかった瞬間でした。

続く。
[PR]
by ecooking | 2010-02-27 16:53 | ブルターニュの旅2010

TGV(フランスの新幹線)

早朝にバスでモンパルナス駅まで行き、TGVに乗り込み出発。

今回はコンパートメントの席を予約したので、家族3人ゆったりと旅行です。
早割も効いているので、すごく安いんですよね~

c0178068_2142424.jpg
子供も楽しみにしていたTGV。
楽しい旅行の始まりです。

MontparnasseからDol-de-Bretagneまで2時間半くらい。
この駅からバスに乗り換えてモン・サン・ミッシェルまで約一時間。

TGVに乗っている間は長閑な景色が続きます。こういう景色が本当のフランスな感じ。

皆で持ってきたバゲットサンドやおにぎりを食べて、期待とお腹を膨らましていました。

田舎の駅に着き、深呼吸をすると気持ち良い~
清々しい朝のブルターニュは最高です。


待っていたバスに乗り込み、モン・サン・ミッシェルへ。

バスは大好きな乗り物。
その街並みを見ながらのドライブは旅の楽しみの一つ。

parisとは違った建物に目を奪われてばかり。
まだ昔の風景が残る街並みに、シャッターを沢山切ってしまいました。
c0178068_21274242.jpg
広い農場には馬や牛などがゆったりと暮らしています。

美味しいミルクが出来る訳です。
こんな場所でできるチーズなんか美味しいんだろな~ってことばかり想像していました。
c0178068_21275914.jpg
小さな道沿いにあるホテルも一枚。

そんな街並みを抜けて、見えてきた道路しかない土地。
ここの辺りは信号すらありません!



そんな時、信号のない道でいきなりバスが停車。
何が起きたのかな?っと思い、窓の外を見ると…
c0178068_21282033.jpg
羊の横断です。

これにはビックリ!
『羊に注意』という看板なんかもありましたからね~
一応これがプレ・サレというこの地方の有名な羊。

そして…
c0178068_21283788.jpg
見えてきました!
『モンサンミッシェルの修道院』

見えた時は感動しました!
ドキドキです!
c0178068_2129561.jpg
駐車場に着いて、バスを降りてまた深呼吸。

胸いっぱいに潮の香りが広がります。
最高の瞬間!

さぁ!
中に入ろっと!

*ちなみにモン・サン・ミッシェルはノルマンディー地方なんですけど…
[PR]
by ecooking | 2010-02-26 22:16 | ブルターニュの旅2010

voyage(旅行)

こんなに朝早く起きたのはいつ振りだろう…

parisからブルターニュへTGVでのショートトリップ。
今からバゲットサンドなどのお弁当を作って、モンパルナスへ。

そしてあの世界遺産『モンサンミッシェル修道院』へとつづく。
どんな美味しいものや景色が待っているのか楽しみ。
c0178068_12462748.jpg
こんな感じですかね!

では行ってきま~す。
[PR]
by ecooking | 2010-02-23 12:55 | ブルターニュの旅2010