カテゴリ:フランス ビストロ( 6 )

felicitations!

parisに来てから本当にお世話になっている方が独立。
お店の名前は「れんげ」

奥さんと妻も仲良く、家族ぐるみのお付き合いといったとこですかね。
店の施工の時、子供と少し工事を手伝いました。

「5月初旬にやっとオープンです!」
とメールを貰い、早速お祝いにつつじの盆栽を持ち、家族で行ってきました。

カテゴリーは日本の居酒屋。
でも、ワインも充実しているし、なんと言ってもメニューが渋い。

全て小さいポーションで、価格も5~8€くらい。
写真は撮っていませんが、カウンターもありいい感じ。

是非行ってみて下さい。
こっちに住んでいる方に特におすすめです。
c0178068_1494478.jpg
店の写真。

最後は少し酔っ払っていて、写真がぶれてしまいましたが…

31 rue de la parchemineria 75005 paris france
「 れんげ lengue 」  tel 01 46 33 75 10
[PR]
by ecooking | 2011-05-31 02:27 | フランス ビストロ

La Cantine du Troquet

最近twitter内で、昔お世話になった人と再会。
そのパンの美味しさに感動した事を今でも覚えています。


本題。
少し前のお話。

日本から来られた方とお食事。
始めて食事をする方だし、ドキドキしながら待ち合わせ場所まで向かいました。
c0178068_492133.jpg
こんな道をテクテク歩きながら…
c0178068_410935.jpg
場所は101 rue de l’Ouest 75014 Paris

15区のユネスコ支部がある建物の裏手くらいかな。
ちなみにこのお店には電話が無いので、予約は取らないそうです。


中に入ると、大きな黒板に今日のムニュが書かれています。
色々あって悩むんですが、アラカルトの時はやっぱり季節のものを食べたい!と思ってしまいます。

選んだのはこれです。
c0178068_4104398.jpg
この時出始めのアスペルジュ・ブランシュ。

トマトにたっぷりのオイル。
シンプルなんですが、美味しい。

儚いほんのりとしたアスペルジュの苦味に春を感じます。
c0178068_411193.jpg
ポワソンはサン・ピエールにソース・ヴァンブラン。

サン・ピエールは中々の大きさ。身も厚く、ムッチリと焼きあげられていて、これまた美味しい!

フランスの魚は日本のものと身質が違います。
焼いたりするのはフランスの魚の方がいいんじゃないかな?

でもヴァンブランを食べたのはいつ以来かな~
今は流行らないかもしれませんが、こういう料理は色褪せない。今も昔もかわらず美味しい。

クラシックとか古典とか言われるカテゴリーかもしれませんが、最近の料理を見ると、こっちの方が新しく感じます。
c0178068_4114528.jpg
サン・ピエールの付け合わせはポムフリット。

甘みもあり、美味しいジャガイモ。
c0178068_414690.jpg
一緒に行った方が『リ・オ・レ美味しいですよ』っと教えてくれたので。

これめちゃめちゃ美味しいです!
クリームが濃厚で、ほんのりお米を感じれる。

これまた食べたい…
c0178068_13103523.jpg
店内はあっという間に満席。

隣の座った老夫婦と『ボン・ソワール』っと挨拶を交わしたり、お客皆の話声が心地良いBGMになったり。これぞフランスって感じ!
c0178068_13113473.jpg
ボワッソン。


お腹も心も満たされて、お店を後に。

近くのカフェで締めのエスプレッソ。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
初めてお話ししたのに、そんな気がしないのが不思議でした。

そして大ファンになりました。

またよろしくお願いしま~す!

ベリブで帰宅途中に寄った場所。
c0178068_13121831.jpg
エッフェル塔の光が素敵な夜のラ・セーヌ。

この夜景を見ながら煙草を一服。

この日の夜は良い時間でした。
[PR]
by ecooking | 2010-06-01 14:05 | フランス ビストロ

De pays éloigné Japon…(遠き国日本より…)

沢山の方に見送られ、parisに来たのが去年の8月。
大阪時代には沢山の方に知り合い、そしてお世話になってばかりでした。

そんな皆さんがparisまで来てくれました。

parisに着いてすぐにうちのお店で食事!
という強行日程にもかかわらず、笑顔でお会いできたのが本当に嬉しかったです!

沢山のお土産も頂き、これからの家の食事も充実間違いなし。


ただ、初日は皆時差ボケもありお疲れモード。

お店からホテルまでお見送り。
その間も楽しい話で、いつもの帰り道が早く感じました。

そして休日の日曜日に食事の約束。
オペラ・ガルニエ近くで待ち合わせをし、ビストロへ
c0178068_8474822.jpg
こんなお店。

エノコネクションの竹下さんが手配してくれました。

ア・ラ・カルトなので、前菜を数品チョイスし、メインは各々が好きなものを注文しました。
c0178068_8481496.jpg
前菜のブーダン。

しっとりしていて美味しい。
c0178068_8483010.jpg
カンカルのウタ産の牡蠣。

身もしっかりしていて、ミネラル全開!

後はシャルキュトリーとトゥルトーなど。
どれもちゃんと美味しかったです。
c0178068_8484430.jpg
僕のメインはノワ・ド・ヴォー。

仔牛の腿肉のこと。
ソースはフォアグラ。腿肉は脂が無い分、フォアグラのソースでしっとりとさせているのだと思います。

香りがある美味しい仔牛でした。
c0178068_8491048.jpg
そして他の人が頼んで、食べきれなかったタルタルがなぜか僕のところへ…

見た目で判断ですか!(笑)

でももちろん完食。
トリュフのオイルなんかもかかっていて美味しかったです。

そして飲んだワイン。
c0178068_8493226.jpg
c0178068_8494915.jpg
後これ意外にフィリップ・パカレのコルナス。

美味しい食事に美味しいワイン、そして楽しい方たちとの素敵な時間。
至福…
c0178068_850630.jpg
こんな方たちと。



そしてお別れの時間。
メトロに乗り、ホテルまでお見送り。

楽しい時間はすぐに終わってしまう…

また大阪でお会いできることを楽しみにしています。
本当に有難うございました。

最後に一枚!
c0178068_8502582.jpg
米沢さん・宮本さん・松本さん・小原さん・藤丸さん・徳大寺さん・竹下さん・ガンちゃん

皆さん本当に有難うございました。
8月の帰国の際はまた遊んでください。
[PR]
by ecooking | 2010-02-12 09:46 | フランス ビストロ

Glou(グル)

休日にマルシェへ行った帰りに久しぶりのランチ。

行ったお店は家から近く、マレにある『Glou』
素材もワインもすべて自然のものを使っているらしく、ムニュも15€と安いのが売り。
c0178068_21564363.jpg
c0178068_2157426.jpg
たくさんのお客さんで賑わっているし、スタッフも気持ちのいい対応。

『フランス人もこんなにキビキビ仕事をするんだ!』と思いました(笑)

ワインはアルザスのゲヴェルツトラミネールをチョイスしたので、メインは豚を。
c0178068_21572013.jpg
こんな感じ。
野菜たっぷりで嬉しいですが、やっぱり値段に見合った感じ。

悪くないし美味しいんですが…

何回か旅行でparisには来ているし住んで3カ月近く経ちますが、いつも美味しいparisのレストランには当たりません!

parisとの相性が悪いのかな…
[PR]
by ecooking | 2009-11-09 22:05 | フランス ビストロ

RESTAURANT JADIS(レストラン ジャディス)

久しぶりにレストランへ

今回は15区にある『RESTAURANT JADIS』に行ってきました。

ピエール・ガニェールやミッシェル・ブラスなどで仕事をしたシェフがやっているお店で、このレストランの評判は日本でも聞いていたし、こっちへ来てからも聞いていました。

家から自転車で向かっている途中で素敵な場所を一枚!
c0178068_2329455.jpg
夜のエッフェル塔。

ライトアップされているエッフェル塔を見るのは初めてだったのですが、本当に素敵です。
昼間は茶色でスーッと立っているだけですが、夜はこんなに煌びやか。

少しシンデレラに似ているというか、夜の姿の凛としている良いですよね!
c0178068_23292625.jpg
小道から見えるエッフェル塔をもう一枚!

parisの街を一時間かけてゆっくりと待ち合わせの場所まで行きました。
そして…
c0178068_23294532.jpg
『RESTAURANT JADIS』です。
料理や店内は写真撮っていませんが、僕としてはいまいちであまり好みではありません。
まぁ~人の好みなんでなんとも言えませんが、求めるところが違うというか想像していたものと違うというか…

日本でも沢山のお店に食事に行ったけど、自分の好みの店を見つけるのは難しいもんな~

ただいい勉強になったし、シェフのギョームもいい人だし。
一回で判断するのは失礼だし、またいつか食べに来たいとおもいます。
[PR]
by ecooking | 2009-10-24 23:27 | フランス ビストロ

RACINES(ラシーヌ)

parisに来てから基本ずっと家探しが中心の生活。
今日も早朝から家探し。
parisでの家探しは本当に大変!
シェフからも『いい部屋はなかなか見つからないからね~焦っちゃだめだよ!』と言われていましたが、まず家賃が高い!狭い!制約が多いetc…
決まりそうで決まらないとかで、あっーもう鬱陶しい!!となっていました。

だがしか~し!
今日やっと決まりました。来週契約ですが、いい部屋を見つけることができました。
場所は4区で、部屋もなかなかの広さ。
大家さんも良い方だし、何より店から近い!自転車で15分くらいかな~

本当は部屋何より、『あぁ~やっと決まった』というのが本音。
そのお祝いもかねて気になっていたお店へ←とってつけた理由ですが(笑)
c0178068_21583981.jpg
同じpassage des panoramasにある『RACINES』ラシーヌというお店。
このお店は自然派のワイン中心で、食材にもこだわっているということを聞いていました。

肉はうちのお店のオーナーでもあるユーゴ・ディノワイエ、野菜はアニー・ベルタン、アラン・パッサールの作る野菜なんかも使っているらしく、興味津々。

拙いフランス語で予約を取り、一人テラスで。
c0178068_215976.jpg
これがテラスからの一枚。
メニューはアラカルトからチョイス。雰囲気的に量が多そうなので前菜とメインをオーダー。
ワインはグラスで白を。
c0178068_21593545.jpg
putit rouget。

見た目最悪。ビストロとはこんなもんでしょうか?
日本ではrougetは食べれないし、うれしくなってオーダーしたのにがっかり。

味、火の入れ方も中途半端ですしね~
付け合わせのナスはまあまあかな。
c0178068_220263.jpg

c0178068_2202921.jpg
cotes du cochon。

これは滅茶苦茶美味しい!
しっとり火が入っているし、塩・胡椒がバシッと効いていました。そしてなんといっても肉の味が濃い。脂もすっきりしていて、チーズ入りのポムピューレとの相性抜群!

これでなきゃね~
ここでメートルが赤ワインを勧めてくれて、これも旨い!土の味というか、滋味あふれるワイン。
名前なんやったけな~
c0178068_2212090.jpg
これは二階に上がる階段からの写真。

僕が一番最初の客でしたが、見る見るうちにコンプレ。
あの前菜がもっとうまけりゃな~←結構根に持つタイプです!

あっそうそう!数日前に終わった世界陸上ですが、ロンドンのホテルで見ていました。
日本は残念でしたが、ボルトの驚愕のタイム。100m9秒58って!僕らはカール・ルイスがヒーローの時代ですから、ちょっとこのタイムは信じられません!

その世界陸上にちなんでの写真。
c0178068_2205081.jpg
お店の壁に張っていたものなんですが、思わず笑ってしまいました。

洒落てませんか(笑)
[PR]
by ecooking | 2009-08-27 22:46 | フランス ビストロ