カテゴリ:海外( 3 )

L'ouverture du rêve(夢の始まり)

いよいよフランスに向けての出発。

そして家族としばしのお別れ。
息子との別れは寂しく、辛いものでした。

色々してあげたかったし、色々な言葉をかけてあげたかった。
息子を抱き上げると涙が溢れてきて、言葉が出なかった。

涙を我慢している息子に、父親として、男として涙は見せたくなかったし、多分涙にはきずいてないと思う。
いざという時は息子のほうが我慢強いかな…

今回のフランスは本当に家族のおかげだと思っています。

家族を一日でも早くフランスに呼べるようにがんばらないとね!


自分にとって素敵な未来があるフランスという国。
そう信じてがんばろうと思います。
[PR]
by ecooking | 2009-08-17 06:06 | 海外

フランスを思い出す…

 もう今年もあと一ヶ月と少しになりました。外が寒く、クリスマスのイルミネーションがキラキラとしてくると、フランスを思い出す… 
 初めて行ったフランスは、ニース→ディジョン→パリの順に回りました。短い時間だったので、じっくりフランスを堪能できなかったのですが、『またいつかね!』という気持ちで、飛行機に乗り日本への帰路に着いたことが、フラッシュバックしてきます。
 少し写真を…
c0178068_1423942.jpg

 ディジョンにある『サン・ペニーニュ大聖堂』 ディジョンはフランスの中でも中都市。町並みは、少し古く、昔と変わらない佇まいが数多く残っているよな感じ… 石畳の街を歩くと、名物の『マスタード』が沢山売られている。どの店も個性があり、どれも美味しい。気温の低いなか、歩きながら食べた温かいキッシュロレーヌ、たっぷりマスタードを塗ってもらったジャンボン・フロマージュサンド・カフェオレ… 少しフランス人になった気分でした。
c0178068_14153100.jpg

 これもディジョンにある『ブルゴーニュ大公宮殿』 ブルゴーニュ公国時代の首都がディジョン。このブルゴーニュを納めていた人が『ブルゴーニュのワインを造る葡萄は、白はシャルドネ・赤はピノ・ノワール!』っと決めたらしい。自分が好きだったからだったような… 僕もブルゴーニュのワインが大好きなので、なんか考え深いものがありました。しかし、この日は雨でボーヌやコート・ドール、etc… 楽しみにしていたドメーヌや畑巡りにはいけませんでした。
 夜はこの宮殿の前にある老舗の1ツ星レストランへ… どれも美味しく、特にメインディッシュの“野ウサギのロワイヤル”は非常に良かったですね。クラシックスタイルでのジビエ料理は最高ですよね!
 最近日本には野ウサギの入荷はゼロに近い。国産も非常に数も少なく、猟師に知り合いがいる店のみが出せる料理になってきました。この国の懐の広さをそして、歴史を感じる一日になりました。

 そしてTGVの乗りブドウ畑を横切りながら、パリに向かいました… 
 
[PR]
by ecooking | 2008-11-27 14:46 | 海外

NEW YORK!

 今回は、以前仕事で行ったnew yorkのレストランのご紹介!初めてのnew yorkで結構浮き足立っていましたが、何とか楽しめました。セントラルパークのストロベリーフィールズまで、ジョン・レノンに会いに行ったり、ブロードウェイに演劇を観に行ったりと、満喫してきました。そして、お目当ての一つがレストラン回り。ミシュラン・ルージュを片手に三ツ星へ出かけました。  そしてここへ…
c0178068_12304198.jpg

 ル・バーナディンというフレンチレストラン。魚介が中心で、シェフのエリックやパティシエシェフも、何度か日本でフェアをしています。
 グラスのシャンパーニュをオーダーし、メニューはレストラン支配人におまかせしました!
c0178068_12352677.jpg
 
 カンパチのタルタル わさびの香るトビコ添え

この一皿がエリックのスペシャリテ!すごく美味しい!日本を感じる構成で、でもフランスがあり、地元の素材を使っている。やっぱり地産地消ですよね~

c0178068_12412938.jpg

 シーバスのポワレ カレー風味アメリケーヌソース

この皿も非常に美味しい!皮目がパリッと、身がムチッとしていて、下のセロリなどフレッシュな野菜たちとの違う食感を生み出す。ソースはコクがあり、スパイシーな香りが食欲をそそりますね~

サービススタッフは完全分業制。それが良いかは疑問ですが、それぞれがプロ意識が高い。「自分たちは三ツ星のスタッフだ!」という意気込みがあり、それこそがプロフェッショナルだと感じました。

c0178068_1245106.jpg
c0178068_12454422.jpg
c0178068_12461652.jpg
 

デザートは3種類出してくれました。(一皿はサービスです!フォー!)

上が柚子を使ったデザート。中がマンゴーなど南国系のフルーツを使ったもの。下がチョコレート(カカオと言うジャンル)のみの構成。

どれも手が込んでいて、美味しい。味・食感・温度など様々な要素がこの一皿に盛り込まれていて、ここに小さな宇宙があるような…    こんな感じです!
c0178068_130069.jpg

コレが厨房の様子。みんな真剣で、活気のある雰囲気は万国共通ですね!

c0178068_1315643.jpg

自由の女神とマンハッタン…   この角度が大好きなんです…

世界遺産を回るのが夢な僕…  また一つ心のコレクションが増えました


 155 west 51st street new york
tel 212.554.1515 fax 212 554 1100 /www.le-bernardin.com/

Le Bernardin
[PR]
by ecooking | 2008-11-11 13:07 | 海外